中3生の作文対策は早めに手をつけよう。

たまに作文対策はいつからやればいいのか聞かれることがあります。

はっきり言って、作文は出来る人は何もしなくてもできます。

一方で苦手な生徒は全くできないということがあります。

これはそれまでの読書量や、一般的な文章などに対する関心に関わってくることだと思います。

大事なことは、「自分はできる」と思ったら1回やめてしまってもいいので、受験生は早めに手をつけておくということです。

県立入試の国語では、条件作文の出題が予想されます。

自己診断テストでも出題されるもので、苦手な人も多いです。

まずは1度取り組んでみて、自分がどれだけできるのか把握しましょう。

ある程度書けるようになってきたら一度やめてもいいので、「作文が書ける」という感覚をつかむまで、頑張ってみましょう。