いつ頃から学習塾に通い始めるのがいいのか?

昨日の保護者の方との面談で、中学生の生徒さんを塾に通わせるタイミングについて話をさせて頂きました。

その時は、面談をさせて頂いたのが1年生の生徒さんの保護者の方だったため、「3年生の今頃に来られるのは、やはり遅い気がする。3年生の夏休みはしっかり勉強に充ててほしい」と、自分の考えを正直にお伝えしました。

その後、ずっとそのことについて考えていました。

中学生はいつ頃から塾に通うのがいいのでしょう。

学習塾にとっては、言うまでもなく、早い段階で通い始めてもらえればそれだけたくさんの月謝を頂けるので、ありがたいし動機付けにもなります。

また、時間をかけて生徒との信頼関係を築くことができます。

もし、学習塾が公立学校のような税金で賄われているような場所であれば、私は自信を持って「1日でも早くうちの塾に来てください」と言います。

しかし、結局のところこの問題は、各ご家庭の教育に対する考え方や、何よりも経済状況に依存します。ちなみにこれくらいのことは、例えば当の生徒でも、言われなくてもわかるようなことです。

だから、現在のように教育観が多様化していて、かつ今後もそれが進むことを含めて考えると、一概に「遅くてもいつ頃になったら塾に通うべき」ということは言えません。

学習塾で働く者としては、生徒が入塾してくれたタイミングがベストだと考えて、与えられた時間の中で成果を出すために頑張るしかない、と思います。