もう一度ゼロから始めてほしい。

昨日は多くの中学校で入学式が行われたようです。

しかし私にとってやはり気になるのは、卒業していった生徒のことです。

中学校を卒業してこれから本格的に大人になっていく、自立していく人たちにとって、今後直面するであろうものは、そう簡単に合格通知や卒業証書をもらえるような形式的なものではありません。

これからは、一人一人の本当の実力が問われることになるのだと思います。

そんな人たちに私が言いたいことは、今までの実績などは一度忘れて、自分の貯金だと思っているものも忘れて、ゼロから歩き始めてほしい、ということです。

私は前年度に教えた中3の生徒が志望校に合格したと知り、「高校生活を楽しんでな」と伝えました。

しかし、「楽しむ」ということはそう簡単なことではありません。

自分の頭を使って考え、体を使っていろいろと経験していかなければなりません。

それはもしかすると、他人に自慢できるようなかっこいいものではないかもしれません。

たとえそうであっても、一つ一つの経験からしか大切なことを学ぶことはできないと思います。

だから今まさにスタート地点に立っていると考えて、一歩一歩確実に、目標地点を目指して歩いていってほしいと思っています。