「基本レベル」を大切に

テストで点数が思うように伸びない時には、どこかに自分の弱点のようなものがあって、それを克服しなければなりません。

そこで受験生のみなさんに注意してほしいことがあります。

入試もそうですし定期テストもそうですが、テストの問題は受験生の学力を正確に測るために作成されています。

受験生の理解が表面的なものなのか、それとも深く理解できているのかを見極めるためにやや複雑な形であったり、見慣れない形であったりします。

そのようなテストで点数が伸びないと、受験生はそのような複雑であったり高度な問題を日頃から解かないと、本番で点が取れないのではないかと考えたりもします。

最終的にはもちろん複雑な問題だったり、高度な問題が解けることが目標だとしても、受験生のみなさんには、まずは基本的な問題を繰り返し解く、という段階から始めてほしいと思います。

どのような複雑な形であったり、高度に見える問題でも、よく考えてみると基本的な問題の組み合わせだったりします。

その基本レベルの理解が不十分で会った時、受験生は問題を解くことができないのですが、その原因が複雑で高度な問題を解いていないから、と考えてしまうのです。

そうではなく、まずは基本レベルの問題が正確に解けるかどうか、そこを確認してほしいと思います。

多くの試験がそうだと思うのですが、試験問題というのは「基本レベル」「標準レベル」「発展レベル」に分けられ、「基本レベル」と「標準レベル」で点を落とさなければ合格することができます。

ですから日頃の勉強でも、単純に見える基本レベルの問題演習をおろそかにしないでしてほしいと考えています。