夏休みまでにやってほしいこと 

中学校のテストでは、テスト範囲の内容だけを覚えれば点数が取れるというものではありません。

なぜなら過去に学習した内容を完全に理解し覚えている、という前提でテスト問題は出題されるからです。

例えば3年生のテストで点数を伸ばしたいと思うなら、当然1・2年生の内容をしっかり復習しておく必要があります。

そのためには、生徒が考えているより多くの時間を必要とします。

具体的には、英語や数学が苦手な生徒は3ヶ月くらい、得意な生徒でも1ヶ月間は2年生までに学習した内容を復習し、完全に理解し覚えている、という状態になってから新しい内容を学習するのが理想です。

そして、できれば過去に学習した内容の復習を、学年に関係なく、夏休みまでに終えたいというのが私の考えです。

そうすれば最も差がつく2学期のテストで点数を伸ばすことができると思うからです。

現在、多くの中学校で1学期の中間テストがなくなったり、簡易的なものになっています。

だからこそ、2学期と比較して時間に余裕のある1学期と夏休みの間に、しっかりとした学力の土台を築いてほしいと考えています。