例題や練習問題は必ず解こう。

問題集にある「例題」や「練習問題」は自分の手を動かして、必ず解くようにしましょう。

私も生徒に問題集をすすめる時に、特にテスト前で時間がなかったりすると、「ここのページだけは完璧にしよう」と言いがちです。

しかし多くの問題集というのは、全ての問題を解けるようになってはじめて合格といえるように作られている気がします。

もちろん、問題集を1冊完璧にマスターすることは言うほど簡単ではないし、時間がかかります。

でも、いい問題集はたくさんの時間をかける価値があって、一見試験対策に必要のなさそうな問題でも、後々効いてくるということがあると思います。

ですから「例題」や「練習問題」は面倒でも自分の手を動かして考えるようにしましょう。

ところで、このことは中学生や高校生の勉強だけに言えることではなく、社会人になって勉強をする時にも同じことが言えると思います。

テキストを読んだり授業を聞いただけで、ある分野についてマスターすることはできません。

一見無駄にも見えるような「例題」や「練習問題」をひたすら解きながら、その中で「教科書に書いてあったことはこういうことだったのか」と納得するのだと思います。

そしてこれは、いわゆる「勉強」の話だけでなく、スポーツでも、一般的な仕事でも、人間がある分野について学ぶ上での、共通するプロセスなのだと感じます。