英語長文を速く読もうとする必要はない。

高校受験であれ、大学受験であれ、英語長文の問題を速く読もうとする必要はありません。

なぜなら、英語の長文は速く読もうと思って読めるものでもないし、無理に速く読もうとすれば正確な読解ができなくなるからです。

それではどうすれば長文が速く読むるようになるかというと、文法に対する理解を深め、かつ語彙を増やしていくことです。

文法に対する理解が深まり、かつ語彙が増えていけば、自然と読むスピードは速くなります。

これ以外の方法はおすすめしません。

例えば、「ディスコースマーカー」に注意しろだのパラグラフの冒頭に重要なことが書いてあるだのといった話は本質的ではありません。

要は「英語力」をコツコツ伸ばしていく、そのことによって長文を読むスピードが自然に上がるということです。

「どうしても英語力を上げたい」と考える人は、まず英語の学習時間を増やしましょう。

そして、できるだけ正統的な音声を聞くようにしましょう。

それが一番効率的な英語学習法だと思います。