TOEIC910点を取った勉強法

英語の勉強で一番大事なのは勉強量です。

①毎日短文穴埋め問題を100問解く。

TEX加藤さんの問題集を解きまくりました。

コロナ前だったので、図書館とかマルイのフードコートとかでとにかく解きまくりました。

長文対策のことはあまり考えず、短文穴埋め対策ばかりやっていました。

短文穴埋め対策の中で重要単語などを覚えるようにしました。

副詞から始まる分詞構文とかも普通に出てきますが、3周くらいやっていくと慣れてきます。

本当は『金のフレーズ』とか有名な単語集を覚えるといいと思いますが、私は挫折しました。

知り合いで930点くらい取っている人は『金のフレーズ』を真面目に覚えていました。

②車の中ではTOEICのリスニングを聞きまくる。

車の中ではTOEICの正規のリスニング音源ばかり聞いていました。

ただし、やはりリスニング対策は集中して取り組んだ方がいいと思います。

大学受験までのリスニングは、頑張って1日30分くらい聞くことを続けたら、十分合格点は取れると思います。

ただし、受験生になったら集中してリスニング問題を解くようにした方がいいと思います。

リスニングテストでは、集中力を切らさないのが一番大事ですので、30分程度は集中して英語を聞き続ける練習は絶対に必要です。