数学

数学
岡山県立高校の入試問題分析(2022年一般)―数学5

空間図形、三平方の定理、相似 大問5では、例年図形問題が出題されます。 昨年度は、正四角錐が出題されました。 点、直線、平面の位置関係 1年生で学習する「点と直線と平面の位置関係」が出題されました。 県立高校の入試で出題 […]

続きを読む
数学
岡山県立高校の入試問題分析(2022年一般)―数学4

確率 大問4では、確率の問題が出題されました。 確率の問題のポイントは、正確に樹形図(もしくは表)を書くことです。 あることがらの起こる場合の数を考える際に、たとえば(大、小)=(1、2)(2、4)のように当てはまるもの […]

続きを読む
数学
岡山県立高校の入試問題分析(2022年一般)―数学3

1次関数と関数y=ax2の関数との融合問題 大問3は、関数の問題が出題されました。 小問が5問出題され、基本レベルが3問、標準レベルが2問といったところでした。 基本レベルの問題は確実に正解したいところです。 関数の問題 […]

続きを読む
数学
岡山県立高校の入試問題分析(2022年一般)―数学2

数量を不等式で表す 数量の関係を不等式で表す小問が出題されました。 定期テストレベルの基本問題だったため、数学が苦手な受験生でも、得点できた人も多かったと思われます。 一方で、不等式の対策を全くしていなかった受験生は、混 […]

続きを読む
数学
岡山県立高校の入試問題分析(2022年一般)―数学1

総論 結論から言うと、上位者は大問5が勝負、数学が苦手な受験生は大問4が勝負です。 大問1の小問集合から大問3の関数までは、基本問題も多く、答だけ書かせる問題ばかりなため、苦手な受験生でも得点したいところです。 4⃣は、 […]

続きを読む